JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

「 月別アーカイブ:2017年12月 」 一覧

2017年12月30日の遅延情報

JR東日本常磐線(快速)[上野〜取手]天王台駅で発生した旅客転落の影響で、一部列車に遅れ。(12月31日0時18分) ※掲載している遅延情報は公表されたもののみです。実際は公表されずにシレっと遅延して …

2017年11月の遅延記録集計

※遅延だけでなく運休や運転見合わせもカウントの対象です。※公表されずにしれっと遅延したものはカウントできないので含んでいません。実際はもっと多いです。※遅延発生率は、ひと月の全30日に対する遅延発生日 …

2017年12月29日の遅延情報

JR東日本京浜東北根岸線新子安〜東神奈川駅間で踏切内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月29日23時26分)湘南新宿ライン22:24頃、横浜駅で発生した旅客転落の影響で、一部列車に遅れ。(12 …

2017年12月28日の遅延情報

JR東日本山手線救護活動を行った影響で、内回りの列車に遅れ。(12月28日23時31分)京浜東北根岸線23:10頃、赤羽駅で線路内点検を行っている影響で、大宮方面行の一部列車に遅れ。(12月28日23 …

2017年12月27日の遅延情報

JR東日本中央線(快速)[東京〜高尾]武蔵境駅で荷物挟まり対応を行った影響で、列車に遅れ。(12月27日8時52分)中央本線[高尾〜大月]山梨市〜春日居町駅間で発生した線路支障の影響で、一部列車に遅れ …

【2009年4月】王子駅のトイレ、汚物を川に垂れ流し状態

もう随分前のニュースなので引用記事はありませんが、王子駅内のトイレの排水が適切に処理されずに40年もの間汚物が近くの川にたれ流し状態になっていたというニュースで、とにかくそのあまりの異常さがとても印象 …

【2015年4月】山手線電化柱倒壊事故

2015年4月に発生した、電化柱倒壊事故についてです。 4月12日に起きた、山手線・神田―秋葉原間の電化柱倒壊事故。列車の運休が長引き、およそ41万人に影響を与えた。倒れた場所が山手線の線路上だっただ …

2017年12月26日の遅延情報

JR東日本中央線(快速)[東京〜高尾]東小金井駅で線路内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月26日13時28分)埼京川越線[大崎〜川越]大宮〜日進駅間で線路内点検を行っている影響で、一部列車に …

宇都宮線、さいたま新都心駅でオーバーラン

はい、またオーバーランです。 JR東日本大宮支社は21日、さいたま新都心駅(さいたま市)で宇都宮線の列車が本来の停止位置で止まらず、約30メートル行き過ぎたと発表した。30代の男性運転士が一時的に眠気 …

東北新幹線、電力設備トラブルで運転見合わせ

クリスマスイブも朝からやらかしてくれたJR東日本、さすがです。 JR東日本によりますと、東北新幹線は電力設備のトラブルのため、宇都宮と那須塩原の間の上下線で始発から運転を見合わせています。 (引用:N …

2017年12月25日の遅延情報

JR東日本京浜東北根岸線鶴見〜東神奈川駅間で安全確認を行っている影響で、大宮〜桜木町駅間の大宮方面行の運転を見合わせ。(12月25日4時44分)横浜線京浜東北根岸線内で安全確認を行った影響で、一部列車 …

2017年12月24日の遅延情報

JR東日本京浜東北根岸線宇都宮線内で線路内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月24日9時21分)東海道本線[東京〜熱海]宇都宮線内で線路内点検を行った影響で、下り線(熱海方面行)の一部列車に遅 …

2017年12月23日の遅延情報

JR東日本山手線駒込駅でホームドア点検を行った影響などで、内回りの列車に遅れ。(12月23日22時45分)東海道本線[東京〜熱海]宇都宮線内でドア点検を行った影響で、下り線(熱海方面行)の一部列車に遅 …

2017年12月22日の遅延情報

JR東日本山手線23:50頃、浜松町駅で発生した触車事故の影響で、列車に遅れ。(12月23日0時05分)京浜東北根岸線23:09頃、鶴見〜新子安駅間で発生した踏切支障の影響で、一部列車に遅れ。(12月 …

2017年12月21日の遅延情報

JR東日本山手線15:27頃、新宿駅で発生した人身事故の影響で、運転を見合わせ。(12月21日15時33分)京浜東北根岸線13:49頃、東海道本線内で発生した人身事故の影響で、運転を見合わせ。(12月 …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。