JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

コラム

声かけサポート運動に物申したい!

投稿日:2017年11月28日 更新日:

2017年1月、JR蕨駅で視覚に障害がある方の人身事故がありました。

事故の詳細については省きますが、視覚に障害があるがゆえの線路転落による事故であり、ニュースでもかなり大々的に取り上げられていたと思います。
そんな事故が発生して間もなくといったタイミングで、JR東日本が「声かけサポート運動」なるものを始めました。

・・・

「声かけサポート運動」とは、簡単に言えば目が不自由な方に積極的に声をかけてサポートしていきましょうな運動で、JR東日本の駅構内では「JR東日本では声かけサポート運動を実施しています〜目の不自由な方へ積極的なお声掛けをお願いします〜」的なアナウンスをよく耳にします。

同じような事故を起こさないよう、人助けの精神を謳う運動として素晴らしいことだと思うのですが、どうしてもひとつ解せないのが、JR東日本の駅員自身は目の不自由な方に対して積極的に声かけサポートをしているように見えないということです。

「たまたま見かけないだけでは?」と思われるかもしれませんが、毎日通勤で電車を利用していると目の不自由な方は結構な頻度で見かけまして、そのような方が駅員の近くを通っていても駅員が声をかけている姿は一度も見たことがありません。

「JR東日本では声かけサポート運動を実施しています」と言ったり、客側には「積極的に声掛けサポートを〜」と言っておきながら、肝心の自分たちが率先して動かないのはどうなんだろうと思います。

JR東日本として本当にあのような事故を防ぎたいと思っているのなら、誰よりもまず駅員が率先して動くべきで、もし手が回らないと言うのであれば追加で人員を配置するなりすれば良いはずなのに、今のアナウンス垂れ流しによるただの客任せ状態では、いざ同じような事故が起こったときの客への責任転嫁のための運動としか思えません。

・・・

思うままにダラダラと書きましたが、まずは運動を起こしてる側が率先して動けよという話でした。



-コラム
-,

関連記事

どうしても納得できない遅延理由

電車の遅延はほぼ毎日発生しており、その遅延理由は人身事故や車両点検、異音の確認、架線支障、ドア故障、信号機トラブルなどなど非常にバリエーション豊かです。 今回はそれに対してどうこう言いたいわけではなく …

JR東日本のサービス品質について何度でも主張したい

これまで何度も言ってきているし、これからも何度でも言っていきたいことだけど、JR東日本は利益ばかりを追求するのではなくもう少し電車の乗り心地であったり定刻通りの運行に力を入れるべき。 このブログで公開 …

JR東日本の酷さを改めて感じた

日々の電車の遅延情報は公開しつつ特に中身はあまり見ていなくて、久しぶりに改めて内容を確認してみたけど本当に酷い。あまりにも酷い。 まず、JR東日本だから別に驚かないけど、遅延がない日はない。それも、一 …

混雑した電車に暖房、必要ですか?

単刀直入にいきます。 電車内の暖房暑くないですか? ・・・ 主観たっぷりなので事実ではないかもしれませんが― 私はJR東日本と東京メトロ、あとは東急電鉄あたりを利用することが比較的多いのですが、その中 …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。