JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

ニュース案件

電車に15時間閉じ込めは美談になりません

投稿日:

JR信越線で1月11日から12日にかけ、大雪のため15時間にわたり電車が立ち往生していた件で、車内に閉じ込められていた男性のツイートが反響を呼んでいます。今回のトラブルではJRの対応について批判的な報道も多くみられましたが、ツイートでは実際に除雪や乗客対応にあたった職員の行動を目の当たりにし、「JRの方の苦労、ありがたみや頑張りをすごく身近に感じました」「本当に素晴らしい」と称賛しています。

(引用:ねとらぼ|15時間立ち往生のJR信越線、乗客から運転士に感謝のツイート 「泣きたかっただろうし、帰りたかっただろうなと思います」

こちらの記事で取り上げたニュースに対する続報的な内容で、JR職員の対応を称賛して美談としたい意図が見え隠れしますが…。

たしかに運転士さんが一人で雪かきを頑張っていた姿からは一生懸命さが伝わり、心を打つものがあるかもしれません。

ですが今回の件については冷静に考えてみれば分かると思いますが、例え現場の運転士さん個人の頑張りが美談として扱われることはあっても、結果として15時間にも渡って乗客を電車内に閉じ込め体調不良者を続出させたJR東日本の対応は決して称賛に値しません。

運転士さんが頑張っていたという点は否定しません。
ただ、それがそのまま「JR東日本の対応は素晴らしい!」にはならないということです。
救急車などが付近まで来れている状況の中、JR東日本として乗客を救助するための車両の手配を行わずに15時間閉じ込めていた事実は変わりません。

今回の引用記事がそうだと言うわけではありませんが、どうもJR東日本にとって都合のよくない記事が流れると、必ずと言っていいほどJR東日本を必死に擁護する声がどこからともなく湧いて出てきますね。

-ニュース案件
-,

関連記事

遅延の多い路線ランキングと見える化

遅延の「見える化」を開始――。国交省は2017年度から首都圏の各鉄道事業者の遅延証明書の発行状況、遅延の発生原因、遅延対策の取り組みなどについて数値やグラフを使ってわかりやすく示していくという。 (引 …

運転士の腹痛で遅延

これは正直しょうがないかなとも思えるけど…。 3日午前5時19分ごろ、東京都府中市のJR武蔵野線北府中駅で、府中本町駅発東京駅行き下り電車の男性運転士が腹痛を訴えた。 JR東日本八王子支社によると、運 …

東海道線で女性車掌に暴力

これは明らかに駄目ですね。いくら日ごろからJR東日本に対するヘイトが溜まっていたとしても、これは駄目です。 「暴力受けてます。発車できません」 JR東海道線の藤沢駅で7月13日の深夜、車掌の女性が乗客 …

JR東日本社員が強制わいせつ容疑で逮捕

なぜか全然報じられなかったですが…。 小田原署は6日、強制わいせつの疑いで、小田原市扇町2丁目、JR東日本社員の男(23)を逮捕した。 (引用:神奈川新聞|JR東社員、強制わいせつ容疑で逮捕 小田原) …

早速輸送障害 安全・安定輸送に対する取組みを提出した翌日に

所詮JR東日本。  JR東日本によると、埼京線は8日午後2時10分過ぎから、大宮-大崎駅間で運転を見合わせ、また、同線内を運行する湘南新宿ラインについても見合わせとなっていたが、同37分にともに再開し …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。