JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

ニュース案件

東北新幹線で6時間以上運転見合わせ

投稿日:

新幹線もダメダメです。

17日午後1時56分ごろ、宮城県内の仙台―古川間を走行中の下りの東北新幹線で一時的な停電が起き、非常ブレーキが作動した。列車は立ち往生が続き、乗客約800人は上り線路を使って横付けされた救援用車両に乗り移り、約3時間後に仙台駅に戻った。この影響で東北、秋田、山形各新幹線は6時間近くにわたって全線が上下線ともストップ。

(引用:朝日新聞デジタル|東北新幹線、6時間近く全線不通 鳥衝突が停電の原因か

出ましたね、何かあったら止めりゃいいの精神。その「何か」が起こらないようにする備えや対策が何もない体質。「何か」が起こっても安全第一という言葉を盾にして電車止めりゃ万事OK、客に迷惑かけようがクレームでようが客が減ることは無いから何度でも繰り返す。たまったもんじゃないです。

「異常があって止めなきゃ止めないで文句言うくせに、止めたら止めたでまた文句言う。どんだけ自分勝手なんだ。」という、JR東日本寄りの意見がニュースサイトのコメントに散見されましたが、そもそも異常があること前提なのがおかしい。「異常があっても止めるな」なんて言ってない、「異常って何なんだ、頻発しすぎだろ」と言いたいんだ。それに加えて駅員の対応も酷いのだから文句言いたくもなるでしょう。

異常とやらが発生しないように日々点検してないんですかね?在来線も点検だのトラブルだので頻繁に止まるからしてないのかな、「何かあったら止めりゃいい」って感じでね。

そして止めなきゃならないにしても6時間は長すぎる。「何かあったら止めりゃいい」という考えにしても流石に長過ぎる。止めるなら少しでも早く運転再開できるような備えがあっても良さそうだけどそれすら無い。「何かあったら止めりゃいい」どころか「何かあったらそんとき考えりゃいい」ってことなのかな。
そんな考え方では、いつか絶対に取り返しのつかない「何か」を起こすでしょう。実際、いつぞやの電化柱倒壊がそれに近いわけですから。

-ニュース案件
-,

関連記事

山手線が信号故障で運転見合わせ→再開→また見合わせ

なにやってんだか…って感じです。 JR山手線の信号装置が故障し、山手線の外回りは通勤時間帯など2度にわたって運転を見合わせたため、乗客10万8000人に影響が出ました。 (引用:TBS NEWS|JR …

遅延の多い路線ランキングと見える化

遅延の「見える化」を開始――。国交省は2017年度から首都圏の各鉄道事業者の遅延証明書の発行状況、遅延の発生原因、遅延対策の取り組みなどについて数値やグラフを使ってわかりやすく示していくという。 (引 …

運転士の腹痛で遅延

これは正直しょうがないかなとも思えるけど…。 3日午前5時19分ごろ、東京都府中市のJR武蔵野線北府中駅で、府中本町駅発東京駅行き下り電車の男性運転士が腹痛を訴えた。 JR東日本八王子支社によると、運 …

さらっと脱線

さらりととんでもないことをやらかすJR東日本。 28日、群馬県渋川市のJR上越線で、下り普通列車が線路上に流れ込んでいた土砂に乗り上げ脱線しました。この事故によるけが人などはいないということですが、J …

【2009年4月】王子駅のトイレ、汚物を川に垂れ流し状態

もう随分前のニュースなので引用記事はありませんが、王子駅内のトイレの排水が適切に処理されずに40年もの間汚物が近くの川にたれ流し状態になっていたというニュースで、とにかくそのあまりの異常さがとても印象 …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。