JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

ニュース案件

東北新幹線で6時間以上運転見合わせ

投稿日:

新幹線もダメダメです。

17日午後1時56分ごろ、宮城県内の仙台―古川間を走行中の下りの東北新幹線で一時的な停電が起き、非常ブレーキが作動した。列車は立ち往生が続き、乗客約800人は上り線路を使って横付けされた救援用車両に乗り移り、約3時間後に仙台駅に戻った。この影響で東北、秋田、山形各新幹線は6時間近くにわたって全線が上下線ともストップ。

(引用:朝日新聞デジタル|東北新幹線、6時間近く全線不通 鳥衝突が停電の原因か

出ましたね、何かあったら止めりゃいいの精神。その「何か」が起こらないようにする備えや対策が何もない体質。「何か」が起こっても安全第一という言葉を盾にして電車止めりゃ万事OK、客に迷惑かけようがクレームでようが客が減ることは無いから何度でも繰り返す。たまったもんじゃないです。

「異常があって止めなきゃ止めないで文句言うくせに、止めたら止めたでまた文句言う。どんだけ自分勝手なんだ。」という、JR東日本寄りの意見がニュースサイトのコメントに散見されましたが、そもそも異常があること前提なのがおかしい。「異常があっても止めるな」なんて言ってない、「異常って何なんだ、頻発しすぎだろ」と言いたいんだ。それに加えて駅員の対応も酷いのだから文句言いたくもなるでしょう。

異常とやらが発生しないように日々点検してないんですかね?在来線も点検だのトラブルだので頻繁に止まるからしてないのかな、「何かあったら止めりゃいい」って感じでね。

そして止めなきゃならないにしても6時間は長すぎる。「何かあったら止めりゃいい」という考えにしても流石に長過ぎる。止めるなら少しでも早く運転再開できるような備えがあっても良さそうだけどそれすら無い。「何かあったら止めりゃいい」どころか「何かあったらそんとき考えりゃいい」ってことなのかな。
そんな考え方では、いつか絶対に取り返しのつかない「何か」を起こすでしょう。実際、いつぞやの電化柱倒壊がそれに近いわけですから。

-ニュース案件
-,

関連記事

京葉線で火災の原因が分からず超長時間運転見合わせ

JR東日本はクソJR東日本はクソJR東日本はクソ。それしか言えない事案。 9日午後、JR京葉線で火災が発生し、一部区間で終日運転を見合わせた。10日始発から運転再開できるかどうかのメドも立っていない。 …

早速輸送障害 安全・安定輸送に対する取組みを提出した翌日に

所詮JR東日本。  JR東日本によると、埼京線は8日午後2時10分過ぎから、大宮-大崎駅間で運転を見合わせ、また、同線内を運行する湘南新宿ラインについても見合わせとなっていたが、同37分にともに再開し …

JR東「トンネル整備するから金よこせ」

たかろうとしてますねぇ。 JR東日本が秋田、山形の両新幹線で新たなトンネル整備を検討している。 いずれも在来線を改良した「ミニ新幹線」で、ほかの新幹線に比べ速度や防災面で劣り、地元は改善に期待を寄せる …

JR東日本運転士が運転中に喫煙

JR東日本運転士が、横須賀線運転中に喫煙していたようですね。 男性運転士(55)が、武蔵小杉駅から西大井駅の間で、運転中にタバコを吸っていたと、乗客の指摘からわかった。 (引用:FNN|JR線運転士が …

新幹線で勤務中にスマホいじり

居眠りしたり喫煙したりスマホいじったり…。 JR東日本山形支店は3日、東京発山形行きの山形新幹線つばさ143号に乗務中の40代男性車掌が、山形県内を走行中の車内で、私用のスマートフォンを操作していたと …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。