JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

日毎の遅延記録

2018年12月17日の遅延情報

投稿日:2018年12月18日 更新日:

JR東日本

山手線

  • 巣鴨駅でドア点検を行った影響などで、内回りの列車に遅れ。(12月17日9時01分)

京浜東北根岸線

  • 旅客転落の影響で、一部列車に遅れ。(12月17日8時49分)
  • 鶴見〜新子安駅間で踏切内点検を行っている影響で、一部列車に遅れ。(12月17日18時20分)

湘南新宿ライン

  • 18:02頃、京浜東北根岸線内で踏切内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日18時36分)

東海道本線[東京〜熱海]

  • 宇都宮線内で傘挟まり対応を行った影響などで、一部列車に遅れ。(12月17日9時21分)
  • 宇都宮線内で線路内点検を行った影響で、下り線(熱海方面行)の一部列車に遅れ。(12月17日20時59分)
  • 18:02頃、京浜東北根岸線内で踏切内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日18時24分)

横須賀線

  • 18:02頃、京浜東北根岸線内で踏切内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日18時24分)

中央線(快速)[東京〜高尾]

  • 救護活動を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日8時49分)

中央総武線(各停)

  • 車両点検を行った影響で、一部列車に運休。(12月17日6時23分)

青梅線[立川〜青梅]

  • 中央線(快速)内で救護活動を行った影響などで、一部列車に遅れ。(12月17日10時21分)

宇都宮線[上野〜宇都宮]

  • 赤羽駅で傘挟まり対応を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日8時50分)
  • 東大宮〜蓮田駅間で線路内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日20時42分)

高崎線

  • 18:02頃、京浜東北根岸線内で踏切内点検を行った影響で、下り線(高崎方面行)の一部列車に遅れ。(12月17日18時52分)
  • 赤羽駅で傘挟まり対応を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日8時50分)

埼京川越線[大崎〜川越]

  • 混雑の影響などで、一部列車に遅れ。(12月17日8時49分)

総武線(快速)[東京〜千葉]

  • 18:02頃、京浜東北根岸線内で踏切内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月17日18時44分)

総武本線[千葉〜銚子]

  • 18:02頃、京浜東北根岸線内で踏切内点検を行った影響で、千葉〜成東駅間の一部列車に遅れ。(12月17日19時24分)

成田線[佐倉〜成田空港・銚子]

  • 18:02頃、京浜東北根岸線内で踏切内点検を行った影響で、佐倉〜成田空港駅間の一部列車に遅れ。(12月17日19時26分)

※掲載している遅延情報は公表されたもののみです。実際は公表されずにシレっと遅延していることが多々ありますので、朝の情報番組が伝える「平常運行」に騙されないでください。大体どこかで当たり前のように遅れています。

-日毎の遅延記録
-,

関連記事

2019年3月29日の遅延情報

JR東日本京浜東北根岸線神田駅で車内安全確認を行っている影響で、赤羽〜磯子駅間の大船方面行の運転を見合わせ。(3月30日0時39分)救護活動を行った影響などで、一部列車に遅れ。(3月29日8時15分) …

2018年7月17日の遅延情報

JR東日本山手線11:28頃、田端〜西日暮里駅間で発生した発煙の影響で、運転を見合わせ。(7月17日11時44分)京浜東北根岸線11:28頃、田端〜西日暮里駅間で発生した発煙の影響で、運転を見合わせ。 …

2019年7月5日の遅延情報

JR東日本埼京川越線[大崎〜川越]南与野駅で発生した旅客転落の影響で、一部列車に遅れ。(7月5日14時26分)吾妻線07:40頃、市城駅で救護活動を行っている影響で、運転を見合わせ。(7月5日7時57 …

2018年6月8日の遅延情報

JR東日本山手線00:38頃、高田馬場駅で発生した線路内立入の影響で、一部列車に遅れ。(6月9日1時04分)11:22頃、埼京川越線内で発生した人身事故の影響で、列車に遅れ。(6月8日11時41分)湘 …

2019年4月30日の遅延情報

JR東日本宇都宮線[宇都宮〜黒磯]踏切内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(4月30日16時14分) ※掲載している遅延情報は公表されたもののみです。実際は公表されずにシレっと遅延していることが多々 …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。