JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

2020年6月の遅延発生日数ワースト3路線
(6月03日までの遅延情報集計)

遅延の多い路線ランキングと見える化

2018/01/09   -ニュース案件

遅延の「見える化」を開始――。国交省は2017年度から首都圏の各鉄道事業者の遅延証明書の発行状況、遅延の発生原因、遅延対策の取り組みなどについて数値やグラフを使ってわかりやすく示していくという。 (引 …

2018年1月8日の遅延情報

JR東日本京浜東北根岸線大宮駅でドア点検を行った影響で、大船方面行の一部列車に遅れ。(1月8日14時59分)南武線[川崎〜立川]15:45頃、谷保〜矢川駅間で発生した踏切支障の影響で、運転を見合わせ。 …

2018年1月7日の遅延情報

JR東日本湘南新宿ライン17:49頃、高崎線内で発生した人身事故の影響で、一部列車に遅れ。(1月7日17時58分)10:59頃、高崎線内で発生した架線支障の影響で、大船方面行の一部列車に遅れ。(1月7 …

2018年1月6日の遅延情報

JR東日本京浜東北根岸線東十条〜王子駅間で踏切内点検を行っている影響で、一部列車に遅れ。(1月6日23時44分)横須賀線架線凍結の影響で、一部列車に遅れ。(1月6日9時31分)青梅線[立川〜青梅]18 …

2018年1月5日の遅延情報

JR東日本中央総武線(各停)00:21頃、幕張本郷〜幕張駅間で車両点検を行っている影響で、津田沼〜千葉駅間の運転を見合わせ。(1月6日0時42分)宇都宮線[上野〜宇都宮]久喜駅構内で発生した踏切内立入 …

2018年1月4日の遅延情報

JR東日本常磐線[上野〜水戸]石岡〜羽鳥駅間で線路内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(1月4日15時47分)両毛線14:12頃、大平下〜栃木駅間で発生した架線支障の影響で、桐生〜小山駅間の運転を見 …

新幹線で勤務中にスマホいじり

居眠りしたり喫煙したりスマホいじったり…。 JR東日本山形支店は3日、東京発山形行きの山形新幹線つばさ143号に乗務中の40代男性車掌が、山形県内を走行中の車内で、私用のスマートフォンを操作していたと …

山手線、車両トラブルで遅延

最早遅延は珍しくも何ともないですが一応。 3日午後2時43分ごろ、JR新宿駅で山手線車両にトラブルがあり、山手線外回りは運転を一時、見合わせた。 (引用:産経ニュース|山手線外回りが一時運転見合わせ) …

2018年1月3日の遅延情報

JR東日本山手線14:43頃、新宿駅で車両点検を行っている影響で、外回りの運転を見合わせ。(1月3日15時00分)東海道本線[東京〜熱海]品川〜川崎駅間で車両点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(1月 …

2018年1月2日の遅延情報

JR東日本横須賀線信号関係点検を行っている影響で、大船〜逗子駅間の運転を見合わせ。(1月2日9時03分)中央線(快速)[東京〜高尾]国分寺駅で発生した線路内立入の影響で、一部列車に遅れ。(1月2日18 …

2017年12月の遅延記録集計

※遅延だけでなく運休や運転見合わせもカウントの対象です。※公表されずにしれっと遅延したものはカウントできないので含んでいません。実際はもっと多いです。※遅延発生率は、ひと月の全31日に対する遅延発生日 …

2018年1月1日の遅延情報

JR東日本高崎線23:56頃、行田〜熊谷駅間で発生した動物支障の影響で、一部列車に遅れ。(1月2日0時18分) ※掲載している遅延情報は公表されたもののみです。実際は公表されずにシレっと遅延しているこ …

2017年12月31日の遅延情報

JR東日本山手線田町駅で停止位置確認を行った影響で、内回りの列車に遅れ。(12月31日8時10分)中央総武線(各停)本八幡駅で線路内点検を行った影響で、一部列車に遅れ。(12月31日8時22分)宇都宮 …

2017年12月30日の遅延情報

JR東日本常磐線(快速)[上野〜取手]天王台駅で発生した旅客転落の影響で、一部列車に遅れ。(12月31日0時18分) ※掲載している遅延情報は公表されたもののみです。実際は公表されずにシレっと遅延して …

2017年11月の遅延記録集計

※遅延だけでなく運休や運転見合わせもカウントの対象です。※公表されずにしれっと遅延したものはカウントできないので含んでいません。実際はもっと多いです。※遅延発生率は、ひと月の全30日に対する遅延発生日 …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。