JR東日本の遅延情報を記録してみるブログ

車両点検、踏切点検、ホームドア点検、信号確認、異音、時間調整その他諸々…。連日とどまることなく発生するJR東日本の遅延や運休、そして不祥事やニュース、ネットで拾った情報について記録していきます。

実録

意味不明なアナウンスと唐突なブレーキテスト

投稿日:

「停止信号により停車します。」

その後、しばらく発車せずに突然車内が消灯。

「ただいま、電気設備の確認が必要なところに停車しています。そのため車内照明と空調が切れています。」

これは今までにないパターン。

次から次に新しい遅延理由を発生させるあたりさすがJR東日本。

 

と言うかこのアナウンスどういう意味だろう、停止信号で止まったところがたまたま電気設備の確認が必要な場所だったというニュアンスに受け取れる。

そこに止まったら電気設備の確認が必要のため一回休み的な。

少なくとも、電気設備の確認が必要なため停止信号が発信されたという意味には聞こえない。

 

その後、10分間くらい何度か点灯と消灯を繰り返した後、

「お待たせしました。発車します。」

と、急発車して直後にまた急停車。

「ただいま、ブレーキの確認を行っています。発車までしばらくお待ちください。」

今の急停車はブレーキのテストだったんですかね。

あーもう、ほんっとクソだわJR東日本。

-実録
-,

関連記事

台風24号の影響で…

9月30日は20時で首都圏全線の運転取り止めを決定。そして翌10月1日は始発からずっと運転見合わせを含めまともに運行されない状況。 Yahooニュースのコメント欄などでは、JR東日本の対応を英断だの素 …

発車直後の急停車とだんまり

都内某駅にて電車に乗り込んだときのこと。 発車時刻になりドアが閉まり、電車が発車。 その直後に急停車。 ややざわつく車内。 「ドア開きまーす、すぐに閉めまーす」とホーム上のアナウンス。 ドアは開いても …

またまた、平気で嘘をつくアナウンス

朝、どこかの駅で人身事故が発生したようで乗っていた電車が駅間で停車。 20分ほど閉じ込められた後、ようやく発車して次の駅に到着。 そしてお得意のこんなアナウンス。 「この先電車が詰まっているため、当駅 …

またか…、平気で嘘をつくアナウンス

降雪による電車遅延のときの話。 上野駅始発の高崎線と宇都宮線が13番線と15番線に停車している状態。 どちらも発車時刻は大きく過ぎていて、当然のようにダイヤ乱れの真っ只中。 そんな折、13番線の電車内 …

JR東日本という組織が、長年に渡って革マル派というテロリスト集団に支配されているという、ウソのような本当の話。表紙のほのぼのしたイラストとは裏腹に、内容はとても重く不気味。いまだにこんな組織があるのか…と驚かされます。